6月28日29日のサロン

f:id:vincentfuto318:20170908170308j:plainf:id:vincentfuto318:20170908170325j:plain

6月28日29日に「サロンすくすくママ」をオープンしました。
お天気が良ければ子供プールの予定でしたが、生憎の雨模様。
 梅雨時なので仕方がありません。

小雨降る中、ママと赤ちゃんたちは、皆元気にやってきました。中でも、4か月の双子のママは一人を抱っこし、もう一人をバギーに乗せて、電車を乗り継いで来てくださいました。
一か月に一度ですが、同じ子育て中のママたちとのおしゃべりとランチを楽しみに来てくださるのはとても嬉しいことです。
ミルクやオムツ交換の時、片方が泣き出したときなど、他のママがさりげなく手を差し伸べ、サポートしてくださいます。

そんな時、抱っこした赤ちゃんを愛おしそうに見つめ
「うちの子もこんなに小さかったのに、アッという間に大きくなっちゃって」
 「やっぱり赤ちゃん、カワイイッ」
 「このモチモチの感触が懐かしい」
などと、少し前の自分の子の感触、大変だったけど今となっては懐かしい思い出のようです。

さて、
 子供が2歳を過ぎるころになるとママたちは保育園や幼稚園のことが気になりだします。サロンでのおしゃべりのなかでもやはり多いのは「保育園不足への不満」「幼稚園の教育システム」のこと。
サロンは、都内だけでなく川崎方面からも参加してくださっているのでお互いに自分の地域以外の情報が聞けるのでママたちはとても参考になるようです。

今月は「おむつを取るタイミングや取り方」のことも話題になりました。夏はオムツをとるにはいい季節です。
 先輩ママの経験談を聞いて「梅雨明けを待ってチャレンジしてみます」というママもいました。

今月は「お盆の過ごし方」の参考資料を差し上げました。今は親世代が執り行う行事でもいずれ自分たちが中心となる時が来ると思います。基本となる知識を持っていると気持ちに余裕ができ、相手にも失礼のないお付き合いができるのではないでしょうか。

来月のサロンは梅雨明けの頃なので子供プールで楽しい時間を過ごしていただけると思います。私も楽しみに
 しています。